株式会社ゼネラルサイエンスコーポレーションのホームページです。

ゼネラルサイエンスコーポレーション

(株)柴山科学器機製作所 エントランスページ メールでのお問合せ
トップページ 会社概要 お知らせ 標準物質 解剖学 自然史

医薬・臨床

新製品のお知らせ(2016.6.30) :産総研 NMIJ 認証標準物質5点が新たに供給されました。
関連物質の調製・分析機器の校正・分析方法や分析機器の妥当性確認に使用します。
詳しくはお問合せ下さい。
CRM6205-a 定量分析用デオキシリボ核酸
CRM6402-a アルドステロン分析用ヒト血清
CRM6206-a オカダ酸標準液
CRM6207-a ジノフィシストキシン標準液
CRM7407-a ヒト血清(有害汚染物質分析用)


医薬臨床 編

EP  EDQM Reference Standards : ヨーロッパ薬局方 分析用標準試料
・ヨーロッパ薬局方(EP:EDQM)の公定書(モノグラフ)に基づく試験に用いる標準試料です。
リストにはカタログ番号・物質名・バッチ(ロット)・容量・特記事項・モノグラフ番号・保存温度等が記載されております。
詳しくはこちら
全血・血清
・血液中・血清中の微量元素値を決定する際の臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
血清中に含有されるPCB、残留農薬、ダイオキシン、コレステロール等の決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
純度・結晶
・高純度な物質を使用し、機器校正、臨床および病理学研究所で使用される分析法を確認することに用います。
血液凝固(酵素)における時間の決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
凝固各因子の活性を総合的に定量する検査における評価手法の校正や機器校正を目的とします。
アミノ酸・コレステロール
・人が摂取する食事に含まれている微量元素、たんぱく質・脂質・炭水化物・熱量・窒素などの栄養素についての分析値の決定・評価手法の校正・機器の精度管理を目的とする標準物質が一覧できます。
ビタミン
・主にヒト血清中のビタミン、カルテロイド、コレステロールの値を決定する方法を確認することを目的とします。
グルコース・ホルモン
・主にヒト血清中のグルコースの値を決定する方法を確認することを目的とします。
クレアチニンの値を決定する際の臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
ホルモンについての値決定および評価手法の校正や機器校正を目的とします。
クレアチニン・尿・蛋白
・主にヒト血清中のクレアチニンの値を決定する方法を確認することを目的とします。
コルチゾールの値を決定する際の臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
主にヒト尿中の有害物質の値の決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。またヒト血清中のアスコルビン酸の値を決定する方法を確認することを目的とします。
頭髪
・頭髪に含有される有害物質の値の決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
プロテイン
血清中等に含有されるたんぱく質の値決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
触媒活性
・アミノ酸やタンパク質などの物質における触媒活性濃度における値決定および評価手法の校正や機器校正を目的とします。
サプリメント
・口径薬、プロテイン、マオウなどに含有されるエフェドリン、微量元素、ビタミン等の値決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
細菌
・微生物学上の値決定および評価手法の校正や機器校正を目的とします。
その他
・家畜薬についての値決定および評価手法の校正や機器校正を目的とします。
抗生物質の値決定や臨床分析の評価手法の校正や機器校正を目的とします。
詳しくはこちら
  ※本編に記載されている標準物質はお取り寄せが可能です。
1部には法規制等により輸入出来かねる物質、もしくは関係省庁に輸入に
かかる書類の提出が求められる標準物質もございます。
ご不明な点について、または詳細については弊社までお問い合わせください。

標準物質トップ

取扱いメーカー
このページのトップへ
株式会社柴山科学器機製作所、株式会社ゼネラルサイエンスコーポレーション ホームページ
ゼネラルサイエンスコーポレーション
Copyright(C) SHIBAYAMA SCIENTIFIC CO.,LTD. All Rights Reserved